スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
結婚式
高校時代の友達の結婚式に行ってきました。
相手は外国の人。

色々大変な事もあるやろうけど、
あの二人の手を繋いでる姿をみたら
それらも乗り越えて行けそうな感じがして、
凄く優しいような、そんな気持ちになれた。
そして自分も仲良くしようって気持ちを
再度心の中で強く思った。

ずっと日本に居るとは思ってなかったけど、
意外に早くその時が来た感じ。
親はもちろん、私たちもとても寂しいけど
でも今は、ネットが普及してて いつでも話す事できるし、
日本に居ないからこそ感じる気持ちもあるし。

とにかく、心から幸せに楽しく、つらい時こそ
二人で力をあわせ、思いやりの気持ちを忘れずに
生きていって欲しいなって思った。
私もそれをもう一回自分に言い聞かせたし。

ってか、昨日の会場内に風邪引きの人居たっぽくて
昼からしんどくなってきた!
なんと微熱出てきたし。
明日から現実の世界に戻ります。


( 2006.01.16 ) ( われおもふ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
考える&挨拶
年の瀬も迫りに迫り、あと1日ほどで2005年が終わってしまいます。
世間が師走と言うように、やはり私の時間もいつもより
少しせわしく動いていて、blogも覗くだけで更新できなかったのです。
すんません。


で、そんな年の瀬に少し考えた。

人間には大きく分けて、前向きな人と後ろ向きな人がいる。
そしていつも前向きな人と、
前向きな時と、後ろ向きな時が混ざると言う人が。
少しだけ小分類してみた。
殆どの人は後者だと思う。

人間だから、いつもいつも前向きに居られるわけではない。
気持ち的に前向きな方が、色々な事を楽しめるし、
悪い方向ばかりに考えていては、やってきた福も見過ごす可能性がある。

しかし、いつも前向きな人ほどうっとおしいものはない!
と、思うときもある。
大袈裟な事を書くと、人間の美学として
悲しんだり、落胆したり、失敗したり、
自分の思い通りにならなかったり、悩んだりする事があるからこそ
嬉しかったり、成功したり、努力が実ったり、
理解し合えたりした時に得るパワーというか、
感情の変化と言うか、喜びは計り知れないものになると。

いつもで努力すれば報われると思いたいけど、
現実問題としてそうではない。
これはどんなに綺麗ごとを並べても、20ウン年以上生きてきた
皆さんにはわかる事だと思います。
だからこそ悩んだり、試行錯誤してより良いものを
探そうと頑張れるんだと思います。
いつも努力して、必ず報われるんだったら
この世には幸せな人しか居ない事になります。
(努力しない人は別の話)
それにいつも努力して報われてたら、面白みもないしね。


ややこしく書いたけど、
前向きな気持ちや後ろ向きな気持ち。
それ以外にも人間としていぢわるやなーって思う気持ちとか
そういう良い心や醜い心も含めて、人間なのかなって思います。

私は基本的に後ろ向きなんやけど、
でも人の痛みを考えて行動できるように、
礼儀も忘れないように、そういうのを心がけて生きてるつもり。
「え?そお??」って思った人もおるかもしれへんけど、
せっかくええ事書いてんねんから、今日は見逃したって!

で、2006年は
そんな「基本後ろ向きな私」を少しだけ「ちょっと前向きな私」に
移動させるように心がけてみたいと思います。

でも後ろ向き発言ってけっこー面白いねんな~。
所詮小市民で、けっこー小市民を気に入ってる私なので、
そういう人間くさーい所や、人間のちっさい所も残しつつ、
髪の毛振り乱しながらジタバタ生きてる、これが私なんだって言う事。
それを受け入れてくれる友達を増やして行きたいな。
ある意味「ありのままの私で良いんや!」って感動させてくれるような人に
どんどん出会えたら良いなって思います。

ここを観てくれている皆さん、読んでくれてありがとう。
そして、2006年もよろしくね。

それでは良いお年を☆


( 2005.12.30 ) ( われおもふ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
大阪の顔
大阪の顔的存在「阪急百貨店前のアーケード」
正確には「コンコース」なのですが。


そのコンコースは、大阪に住む方なら必ずと言って良いほど
一度は目にしていると思います。
現代では珍しい、ヨーロッパ調の造りになっています。



▼READ MORE?

( 2005.10.13 ) ( われおもふ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:2 )
賛否両論
まず、下記のサイトをご覧下さい。
特に、公式サイトはFAQを読んで理解してください。

ほっとけない 世界のまずしさ

* ホワイトバンド?

現在私の友人・知人もこのホワイトバンドを購入し、
使用しているので、このような文章を書くのは正直迷いました。
しかし、とあるmixiユーザーの日記で気になるサイト(上記下段サイト)を見たのと、
友人から衝撃の事実を聞いてしまいました。
そして迷ったあげく、日記に書くことにしました。
既にホワイトバンドを持っている方、お気を悪くしてしまったらすみません。

------------------------
書くと言っても、既に上記サイトで全て語られているので、
私が特筆する事もあまりないのですが。

ただ、私が上記サイトで問題だと思った箇所は

「募金に見える、意図的にそういった印象を持たせているが募金ではない 」

ここです。こう書くと少し大げさかもしれませんが。
このホワイトバンドを購入した方の中には、ちゃんと理解して購入された方も多いと思います。

しかし、私は知りませんでした。

それは単に私が無知なだけかもしれませんが、ホワイトバンドの売り上げは
てっきり貧困に喘ぐ国々に、NGOやらなんやらを通じて届いているものだと
信じて疑わなかったのです。
しかし、実態は上記サイトの通り・・・
「募金は0円です。」

売り上げがどこに行って、何に使われているのかというと(以下抜粋含)

*売上の4割が流通費
*3割が原価
*残りの3割はNPOの活動資金

活動資金の内訳は
*団体の職員の給与
*団体の備品購入費、飲食代etc...

「要は彼らが何にでも好きな様に使えるお金になります」(←上記下段のサイトより抜粋)


友人の話によると(公式blogにも書いてあります)、
9月9・10日に、このホワイトバンドのイベントで
東京タワーを真っ白にライトアップした事があるそうです。
そのイベントをするに当たって、やっぱりお金はかかります。
そしてそれは、このホワイトバンドやT-シャツの売上金の一部であり、
皆さんが善意で出したお金なんです。
これが活動資金の一例です。


もちろん、ホワイトバンド公式サイトでは「これは募金ではない」と明記しています。
そして、「ホワイトバンドは、
これを身につけて「貧困をなくそう!」という思いを表すシンボルです。」
ともあります。
上記文中で私はサイト(上記URL下段サイト)を抜粋し、
「要は彼らが何にでも好きな様に使えるお金になります」と書きました。
しかし、これは世界90カ国で行われている事であり、
私的利用をしている訳でもないでしょうし、詐欺でもなんでもありません。
「その意識を持つ事が大事だ」という事です。
それを十分理解した上で、私は複雑な気持ちになります。

なぜなら、さっきから書いていますが
あの「3秒にひとりの割合で貧困により子どもが死んでいる」と言う
ナレーションが流れ、多くの有名人がホワイトバンドをつけた手で指を鳴らすCMを見て、
誰が「ホワイトバンドの売り上げが募金に使われていない」と言う事を
理解できるでしょうか?
いまやインターネットは普及し、多くの家庭で一家に一台のPCを保有し、
インターネットを利用しています。
しかし、いまだにインターネットを利用できない環境の家庭も多くありますし、
公式サイトを何人の人が見たでしょうか?
そして、おしゃれで今時な有名人を起用したCMを見、ファッション感覚でつけている人達の
何人が本来の目的である「意識」を持っているんでしょうか?
多くの人がそうであるなら、意味がなくはないですか?

主催者がもし本当に理解して欲しいのであれば、イメージが先行したあんなCMだけではなく、
もう少し解りやすいCMを作って欲しかったと私は思います。
そしてこれが募金活動ではなく、意識を持つためのものである事と
募金活動は行っていない事も付け加えて欲しいです。
その上で、消費者は購入するかしないかを選択すれば良いと思います。
その時はファッションでも何でも良いと思います。
理解できているのなら。



ホワイトバンドの公式サイトや、公式サイト内にあるblogにはこうあります。
------------------------------------------------------------------------
「私たちの貧しさを解決してください。」
世界の貧しい人たちが、救いを求めるため、白い包帯を腕に巻きました。
これがホワイトバンドの始まりです。
------------------------------------------------------------------------
ここでは日本版のオフィシャルホワイトバンドの販売についてご紹介していますが、
「白いバンド」であれば多種多様なバンドがあって構わないと考えています。
たとえば白い紐や包帯、手作りのバンド等、いろいろ工夫してみませんか?
------------------------------------------------------------------------
そうです。
意識があれば、何も既製品でなくても良いんです。
包帯でもリストバンドでも、髪の毛を結ぶゴムでも。

意識を持ち、考え、自分に出来る事から始める。
これは必要な事だと思います。
以前に私のblogでも紹介しましたが、1クリック募金や
コンビニで、おつりの1円や2円を募金するのでも。

お金だけではないのは確かです。
しかし相反しますが、お金「も」大事だと思います。

---------------------


ホワイトバンドについて、反対しているような文章になってしまいましたが、
反対している訳ではありません。
やり方に対して、もう少し違った方法があったんじゃないかなぁと思っているんです。
ホワイトバンドについては本当に賛否両論あると思いますが、
自分の頭で考える事を忘れなければ問題ないと思います。


最後に、私の下手くそな長文で
きっと中にはお気を悪くされた方もいるかと思います。
最初にも謝りましたが、再度謝りたいと思います。
しかし、文章の内容について謝りたいとは思いません。
私はホワイトバンド(既製品)賛成派でも、反対派でもないとだけ
再度明記しておきます。


( 2005.09.21 ) ( われおもふ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
ワンクリック募金

クリックで救える命がある


この画像をクリックすると、
ワンクリックで募金できるサイトにいきます。
そこでは自分はお金を払う事なく、クリックするだけで
企業が1クリック=1円を寄付してくれます。
何回もできる訳ではなく、1つの募金に対して1日1回だけです。


mixiのお友達のサイトにここのリンクがあったのをきっかけに、
私もこのサイトをほぼ毎日訪ねて、クリックしてます。
クリックするだけで、世界中の助けを必要とする人に募金できます。
気が向いたときだけでも良いので、一度のぞいてみてください。



( 2005.09.11 ) ( われおもふ ) ( COMMENT:1 ) ( TRACKBACK:0 )
昔話
多分今より3歳は若かった頃、写真事務所にちょっとだけ居た事がある。

全てが初めて見る世界。

こんな機材あるんや!おもっ!!
このCMってこんな風に撮ってたんや!!
こういう被写体の時は、ライティングはこうやると良いんやな。
ああ、クライアントへの接待ってシンドイ・・・でもモデルさんかっこいい!

などと、毎日面白い事ばかり。
そりゃ、芸術家、カメラマンってもんは往々にして偏屈が多いもので、
理不尽な事で怒られたり、急に機嫌が悪くなったり。
そうかと思えば昼からサッカー中継見ながら皆でビール飲んだり、
激ウマダイニングバーでゴハンおごってくれたり。

その頃の経験はなんだかんだ言っても、やっぱり貴重な経験だった。
しかし、2ヶ月いかない間にその事務所をやめる事になった。


最初は向こうも試用期間的な感じだったので、
自分としては、あわよくばいづれ正社員に・・・と思っていた。
ところがだ。
ちょっとした行き違いをきっかけに、なし崩し的に辞めた。辞めさせられた?
凄く後味が悪くて、怒りながら泣いた。
しばらくの間事務所のサイトを未練たらしく覗いてみたり、少しの間人間不信になったかと思う程。
今でもたまに思い出して「もったいなかったなぁ」
「あの時少しでも結果が違ってたら、私は違う方向に言ってたかも・・・。」
と、不毛な想いが巡る。




昨日、写真事務所のサイトを久しぶりに見た。
事務所は、昔の住所から少し離れた場所へ引越ししてた。
アシスタントも雇っていた。
マネージャーが辞めて非常勤になってた。
サブカメラマンも辞めていた。
おまけにヘビーだったタバコまでやめていた。


あ、blogがある。
写真blogだ。

仕事写真じゃないのがいっぱい。
やっぱり凄い。
迫力が違う。
クオリティは言わずもがな。

「Hさん(事務所の社長)の作品拝見したいです。」
って言って、キレられた事あったなぁ・・・。
青かった。
(とか言いながら、どこがマズかったのか・・・いまだに
はっきり理解できない部分も残ってる。まだまだ青いワタシ。)

アノ人がこんな写真撮るんだな。
リップサービスかもしれないが、娘の証明写真撮ってるときに
「きれいな色がでない。必死のパッチ。」
なんて。
決して下手なカメラマンじゃない。
彼のblog読んでたら、自分が恥ずかしくなる。
もうすぐ50歳、いまだに勉強し挑戦し続けている。


年をとると、好奇心や積極性が衰退してくる気がする。
私は、実体のない"訳のわからぬ「世間体」「常識」"に縛られすぎて、なんにもできない。
本当にしょうもない人間になってしまった。

この間仲の良い友達に言われた。
「どうしたん!?あんたもっとオモロイ人間やったのに・・・。」

あの言葉は「生涯忘れられない言葉ランキング」の2位を受賞した。
なので今年は(・・・って残り少ないけど)、自分を追及しようと思う。
表に出るか出ないかは別として。
そして、平行して禁煙も実施してみる。
なぜなら海外にストレスなしで行きたいから。
アメリカとオーストラリアに行く予定があるので。
ま、お金も無いわけで。


話は大いにそれましたが、継続は力なり。
人間は何もしなくても、変わって行くものだと私は思う。
それは必ずしも良い方向だけではなくて。
変わらない事の方が難しい。
私はいつまでも18歳の頃の行動力や探究心を持ち続けていたい。
18歳の心に26歳の経済力。
50代の経済力には負けるけど。






( 2005.08.27 ) ( われおもふ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
もう梅雨は明けたけど、この間の大雨の時の話。


凄いどしゃ降りで、近くに川には大量の雨水が流れ込んた。
その川幅は狭く、土手の両側と川底の両端がコンクリートで舗装されている。
その昔、私が小学生の頃に「鉄砲水がきて、釣りをしようと川に下りた
○○小学校の○年生の男の子が流された。」と言うようなことをよく聞いた。
今ではその舗装のおかげか、そんな話はまったく耳にしなくなった。

どしゃ降りの雨があがった翌日。
駅に向かう途中で、何気なくその川を見てみると
まだ水嵩の多い川に亀が居た。
こんな住宅地で、車もどんどん通り、川もゴミがたくさん落ちている。
そこに亀が居た事が、なんだか嬉しかった。
帰りに期待しながら川をみると、亀が川底のコンクリートを歩いていた。

翌日そこを通ると、二匹の亀の挟まれてコサギが立ち往生。
亀にびびっているとは到底思えないが、なんだかコミカルでしばらく眺めてしまった。

それから数日後、また川の傍を通ったとき。
川の傍を通る時、自然と川を見る癖がついてしまっていて、
その日も何気なく川を見た。
犬と見間違える程の大きさの猫が同じくコンクリートの上で寝ていた。
あんなとこに猫も下りるんだなと思って、しばらく眺めていたが
一向に動かない。


まだ動かない。

猫は死んでいた。


誰かが「生態系」とか「食物連鎖」とか言っていて
あれが自然の姿だって事らしい。
それから又数日後、猫の事は忘れてはいなかったが
特に腐っていく姿を見たくは無かったので、川は見ないように歩いていた。

数メートル向こうに、川を自転車にまたがったまま凝視する男子高校生。
私が横を通る時、その男の子越しに猫を見ると
黒く変色した部分と、あの日のままの部分が入り混じり
傍には一羽のカラスが。そして、男の子。

彼は一瞬こちらをちらっと見たが、私が通りすぎると
また猫の方に顔を向けた。

それ以来、まだ川の傍を通っていない。
あの猫はどうなったんだろう。


川って色々なモノが集まってくる。
生命が生まれ、消え。人も集う。
水の傍で文明が発達するのも、まさにその通り。
今は水の傍にこだわらなくても生きていけるけど、
でもやっぱり水辺に集う。



( 2005.07.21 ) ( われおもふ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
人間が文明を持ってから現在に至るまで、女性はいつも綺麗になりたいと思ってきた。はず・・・

うわーーーー!
可愛い!
めっちゃ可愛い!
魅力的ってこんな人の事言うんやろうな。


とあるサイトの女性について、私はいつもそう思います。
その人は世間一般からはちょっと受け入れられ難い趣向を
持ってたりもしますが、でも魅力的な人。
内面も自由奔放でもあり、物事を(自分なりにだろうけど)考え、発言する。

内面もさることながら、外見。
化粧栄えする派手目な容姿。
実際に会った事あるけど、普通にゴハン食べてる時とかは普通な感じなのに
写真に撮られる時に、今までと違うキャラに、雰囲気に変わる。
これが世間で言うプロ意識ってもんなのかな。
(お金は払ってないけど・・・。)
独創性もあるし、化粧や裁縫とかうまくって自分でやっちゃう。
自分ってものを良く分かってそうだし、
自分の売り方ってもんをわかってる気がする。

私は写真をやってる。
思いっきり下手くそだし、何も勉強してないので
思いっきりアマで、無知やけど。(現在休止中)
そんな私の主なモチーフは人間以外。
ゴミとか動物、風景...etc を、撮るんやけど
彼女を撮ってみたいって言う気持ちでいっぱいになる。
でも、決定的だけど創造性がないし、下手過ぎて彼女を持て余してしまいそうで
怖くて怖くて声なんてかけられない。
いつか彼女を撮りたいって言う気持ちはいつもあるけど。

同性の私でさえここまで彼女に惚れそうになる。
私のブログで、私の個人的な意見を書くと
彼女の趣向のものとは少し違う路線の写真の方が、彼女の魅力を引き出している気がする。
まぁ、それは彼女の自由なので私がとやかく言うことではないけど。

いつの時代も綺麗になりたいって、女の子は思うよね。
私なんて毎日思ってるわ。
下手したら3時間に1回くらい。
彼女を見る事によって、私の綺麗になりたい欲と写真欲が固まって、えらいこっちゃです。

さて。
お化粧でもするか・・・。




*****************
やっぱ四角いテキストボックスの中に文章書くと、
へんてこりんになるってのがわかったわ。
文章書くときはやっぱりメモ帳。




( 2005.07.19 ) ( われおもふ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
古き良き家屋
紆余曲折ありまして、11月から7月の間に
「大阪(実家)→名古屋→大阪(親所有の物件)」
と、2回の引越しを経験した訳です。
実家は汚いながらも2階建ての一戸建て。
2軒目は設備バッチリの新築賃貸マンション。
そして現在ですが、木造二階建て、2間で風呂なし。
トイレに至っては、狭いベランダに一度出てからじゃないと行けません。
玄関に土間あるし、壁はもちろん砂壁だし、
VHFとUHFが別々の線で、電気屋行ってもなかなか
専用の器具とか線が見つからない。
とにかく昭和初期の建物です。(写真参照)
おまけに真裏が田んぼで、梅雨前には蚊の大量発生。
暮らしにくいったら。
そんなこんなで、家賃3万円。

でも、こんな家で暮らしてると人間どうにかなるもので、
すっかり馴染んで、大嫌いだった銭湯も今では大好きになったり。
狭いのが楽と思えます。
ただ壁が薄いってのと、狭すぎて荷物が入りきらないため
あふれかえった荷物の中で生活しているもんで、
友達を呼べないっていう難点もありますが。

前のマンションでは見かけなかったゴキとか虫達も出てきますが、
これで少しは慣れたかもなぁ。
私って意外に順応能力あるんやなぁと思う日々です。



玄関



台所


トイレ




( 2005.07.14 ) ( われおもふ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。