スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
考える&挨拶
年の瀬も迫りに迫り、あと1日ほどで2005年が終わってしまいます。
世間が師走と言うように、やはり私の時間もいつもより
少しせわしく動いていて、blogも覗くだけで更新できなかったのです。
すんません。


で、そんな年の瀬に少し考えた。

人間には大きく分けて、前向きな人と後ろ向きな人がいる。
そしていつも前向きな人と、
前向きな時と、後ろ向きな時が混ざると言う人が。
少しだけ小分類してみた。
殆どの人は後者だと思う。

人間だから、いつもいつも前向きに居られるわけではない。
気持ち的に前向きな方が、色々な事を楽しめるし、
悪い方向ばかりに考えていては、やってきた福も見過ごす可能性がある。

しかし、いつも前向きな人ほどうっとおしいものはない!
と、思うときもある。
大袈裟な事を書くと、人間の美学として
悲しんだり、落胆したり、失敗したり、
自分の思い通りにならなかったり、悩んだりする事があるからこそ
嬉しかったり、成功したり、努力が実ったり、
理解し合えたりした時に得るパワーというか、
感情の変化と言うか、喜びは計り知れないものになると。

いつもで努力すれば報われると思いたいけど、
現実問題としてそうではない。
これはどんなに綺麗ごとを並べても、20ウン年以上生きてきた
皆さんにはわかる事だと思います。
だからこそ悩んだり、試行錯誤してより良いものを
探そうと頑張れるんだと思います。
いつも努力して、必ず報われるんだったら
この世には幸せな人しか居ない事になります。
(努力しない人は別の話)
それにいつも努力して報われてたら、面白みもないしね。


ややこしく書いたけど、
前向きな気持ちや後ろ向きな気持ち。
それ以外にも人間としていぢわるやなーって思う気持ちとか
そういう良い心や醜い心も含めて、人間なのかなって思います。

私は基本的に後ろ向きなんやけど、
でも人の痛みを考えて行動できるように、
礼儀も忘れないように、そういうのを心がけて生きてるつもり。
「え?そお??」って思った人もおるかもしれへんけど、
せっかくええ事書いてんねんから、今日は見逃したって!

で、2006年は
そんな「基本後ろ向きな私」を少しだけ「ちょっと前向きな私」に
移動させるように心がけてみたいと思います。

でも後ろ向き発言ってけっこー面白いねんな~。
所詮小市民で、けっこー小市民を気に入ってる私なので、
そういう人間くさーい所や、人間のちっさい所も残しつつ、
髪の毛振り乱しながらジタバタ生きてる、これが私なんだって言う事。
それを受け入れてくれる友達を増やして行きたいな。
ある意味「ありのままの私で良いんや!」って感動させてくれるような人に
どんどん出会えたら良いなって思います。

ここを観てくれている皆さん、読んでくれてありがとう。
そして、2006年もよろしくね。

それでは良いお年を☆


( 2005.12.30 ) ( われおもふ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。