スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
幻の光 幻の命
その昔「幻の光」と言う映画があった。
原作は宮本輝で、監督は是枝裕和。
私の大好きな監督だ。
彼の作品は他にも
―――――――――――――
ワンダフルライフ(1999)
DISTANCE(2001)
誰も知らない(2004)
花よりもなほ(2006)
歩いても 歩いても(2008)
大丈夫であるように -Cocco 終らない旅‐(2008)
空気人形(2009)

ゆれる(2006、監督:西川美和)ではプロデュースをした。
―――――――――――――
他にも色々あるので、詳しくは
"是枝裕和 Wikipedia"か、"KORE-EDA.com"をご覧あれ。

是枝の劇場映画デビュー作であり、また江角マキコの映画デビュー作となった。
夫を原因不明の自殺で失った女性の喪の作業(グリーフワーク)を、
静かな視線で描写してゆく。ヴェネチア国際映画祭で受賞するなど、
国内外で高い評価を得た。(wikipediaより)
主演が江角マキコ、浅野忠信と少し意外な組み合わせで、
それを取巻く俳優陣として内藤剛志、柄本明、木内みどり、
大杉漣、寺田農と渋い面々が。
雰囲気としては全体的に暗いです。
が、暗いからと言う訳ではないのだけど、儚さとか切なさとか
危なっかしさ、何か細くてすぐにでも切れてしまいそうなものを終始感じる映画。
江角マキコの下手な関西弁も可愛い。

この映画を観た切っ掛けは、当時浅野忠信さんを好きだったと言う
ただそれだけの理由だったのだけど、映画を観て浅野さんはともかく
映画そのものや、他の俳優陣、そして監督に心を奪われてしまった。
その後もwowwowで放送したものを録画し、何度と無く観てたんだけど
そのうちに観る事がなくなってたなぁ。
父が亡くなったときになぜかふと思い出したりしたけど、それっきり。
最後に観てからもう何年が経ったかな?
"レールの彼方の光"とはなんだったのか。
いまだにそれはわからないけど、いつかわかる日がくるのかな?
もう一度観てみようかな。






それとは全く関係ないけれど、
この曲名が映画を久しぶりに思い出すきっかけとなったので。
なかなか良い曲です。







( 2010.04.10 ) ( music ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。