スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
賛否両論
まず、下記のサイトをご覧下さい。
特に、公式サイトはFAQを読んで理解してください。

ほっとけない 世界のまずしさ

* ホワイトバンド?

現在私の友人・知人もこのホワイトバンドを購入し、
使用しているので、このような文章を書くのは正直迷いました。
しかし、とあるmixiユーザーの日記で気になるサイト(上記下段サイト)を見たのと、
友人から衝撃の事実を聞いてしまいました。
そして迷ったあげく、日記に書くことにしました。
既にホワイトバンドを持っている方、お気を悪くしてしまったらすみません。

------------------------
書くと言っても、既に上記サイトで全て語られているので、
私が特筆する事もあまりないのですが。

ただ、私が上記サイトで問題だと思った箇所は

「募金に見える、意図的にそういった印象を持たせているが募金ではない 」

ここです。こう書くと少し大げさかもしれませんが。
このホワイトバンドを購入した方の中には、ちゃんと理解して購入された方も多いと思います。

しかし、私は知りませんでした。

それは単に私が無知なだけかもしれませんが、ホワイトバンドの売り上げは
てっきり貧困に喘ぐ国々に、NGOやらなんやらを通じて届いているものだと
信じて疑わなかったのです。
しかし、実態は上記サイトの通り・・・
「募金は0円です。」

売り上げがどこに行って、何に使われているのかというと(以下抜粋含)

*売上の4割が流通費
*3割が原価
*残りの3割はNPOの活動資金

活動資金の内訳は
*団体の職員の給与
*団体の備品購入費、飲食代etc...

「要は彼らが何にでも好きな様に使えるお金になります」(←上記下段のサイトより抜粋)


友人の話によると(公式blogにも書いてあります)、
9月9・10日に、このホワイトバンドのイベントで
東京タワーを真っ白にライトアップした事があるそうです。
そのイベントをするに当たって、やっぱりお金はかかります。
そしてそれは、このホワイトバンドやT-シャツの売上金の一部であり、
皆さんが善意で出したお金なんです。
これが活動資金の一例です。


もちろん、ホワイトバンド公式サイトでは「これは募金ではない」と明記しています。
そして、「ホワイトバンドは、
これを身につけて「貧困をなくそう!」という思いを表すシンボルです。」
ともあります。
上記文中で私はサイト(上記URL下段サイト)を抜粋し、
「要は彼らが何にでも好きな様に使えるお金になります」と書きました。
しかし、これは世界90カ国で行われている事であり、
私的利用をしている訳でもないでしょうし、詐欺でもなんでもありません。
「その意識を持つ事が大事だ」という事です。
それを十分理解した上で、私は複雑な気持ちになります。

なぜなら、さっきから書いていますが
あの「3秒にひとりの割合で貧困により子どもが死んでいる」と言う
ナレーションが流れ、多くの有名人がホワイトバンドをつけた手で指を鳴らすCMを見て、
誰が「ホワイトバンドの売り上げが募金に使われていない」と言う事を
理解できるでしょうか?
いまやインターネットは普及し、多くの家庭で一家に一台のPCを保有し、
インターネットを利用しています。
しかし、いまだにインターネットを利用できない環境の家庭も多くありますし、
公式サイトを何人の人が見たでしょうか?
そして、おしゃれで今時な有名人を起用したCMを見、ファッション感覚でつけている人達の
何人が本来の目的である「意識」を持っているんでしょうか?
多くの人がそうであるなら、意味がなくはないですか?

主催者がもし本当に理解して欲しいのであれば、イメージが先行したあんなCMだけではなく、
もう少し解りやすいCMを作って欲しかったと私は思います。
そしてこれが募金活動ではなく、意識を持つためのものである事と
募金活動は行っていない事も付け加えて欲しいです。
その上で、消費者は購入するかしないかを選択すれば良いと思います。
その時はファッションでも何でも良いと思います。
理解できているのなら。



ホワイトバンドの公式サイトや、公式サイト内にあるblogにはこうあります。
------------------------------------------------------------------------
「私たちの貧しさを解決してください。」
世界の貧しい人たちが、救いを求めるため、白い包帯を腕に巻きました。
これがホワイトバンドの始まりです。
------------------------------------------------------------------------
ここでは日本版のオフィシャルホワイトバンドの販売についてご紹介していますが、
「白いバンド」であれば多種多様なバンドがあって構わないと考えています。
たとえば白い紐や包帯、手作りのバンド等、いろいろ工夫してみませんか?
------------------------------------------------------------------------
そうです。
意識があれば、何も既製品でなくても良いんです。
包帯でもリストバンドでも、髪の毛を結ぶゴムでも。

意識を持ち、考え、自分に出来る事から始める。
これは必要な事だと思います。
以前に私のblogでも紹介しましたが、1クリック募金や
コンビニで、おつりの1円や2円を募金するのでも。

お金だけではないのは確かです。
しかし相反しますが、お金「も」大事だと思います。

---------------------


ホワイトバンドについて、反対しているような文章になってしまいましたが、
反対している訳ではありません。
やり方に対して、もう少し違った方法があったんじゃないかなぁと思っているんです。
ホワイトバンドについては本当に賛否両論あると思いますが、
自分の頭で考える事を忘れなければ問題ないと思います。


最後に、私の下手くそな長文で
きっと中にはお気を悪くされた方もいるかと思います。
最初にも謝りましたが、再度謝りたいと思います。
しかし、文章の内容について謝りたいとは思いません。
私はホワイトバンド(既製品)賛成派でも、反対派でもないとだけ
再度明記しておきます。


( 2005.09.21 ) ( われおもふ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。