スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
はとやませいけん
ブログなんかで政治の話はややこしそうなのであまりしたくないし、
特にひいきの政党があるわけでもないで書かないようにしてるのですが、
今日の彼のこの一言には耳を疑ったので書きます。

「国というものがなんだかよくわからない」

これ、誰が言った言葉だと思いますか?
ニュースを見られた方ならご存知とは思いますが、鳩山首相です。
彼が外遊以外の首相らしい仕事、しかも重大な判断のようなものをしたと言う
ニュースをあんまり聞いてない気がしていたのですが、今日帰ってきてから
この発言を知り(正確にはニュースサイトで読んだ)ビックリして呆れてしまいました。

蓮舫議員が冷淡に斬っている場面のイメージしかない「仕分け」作業で
地方交付税が仕分け対象になったことについての鳩山首相の発言。
「国というものがなんだかよくわからないのですが、国というものが力を持って、
何でもがんじがらめで地域を縛ってしまう。そういうやり方は、一切やめたい」
と述べ、この席で、鳩山首相は「地方交付税増額の必要がある」


なんかお飾りな感じですね。
阿部さんの時も少し感じましたが、今回はその比でないくらいに感じます。
悪代官に舵とられまくってますね。
なんて主体性のない、指導力のない、カリスマ性のない首相だ。
こんなのに自分の命と税金預けてるのかと思うと怖くて仕方ない。




( 2009.11.26 ) ( われおもふ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。