スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
家族のこと ~それでどうなったのか~
現状と記憶が追いつかなくなってきてます。
なのでまとめつつ、省略しながら書くことにします。



父の2回目の手術が済んだことを知って、それでも状況的に会い行けないと
私は半ばあきらめかけていた4月末。
伯父から「会いに行ってもいいのでは?」と提案され、
なんだか許されたような気持ちになり、父に会いに行くことを決めました。

そして5月5日。
父の病院へ行くと受付では該当者がいないと言われてしまい、
伯父に電話で聞いたところ、直接前に入院してた階に行って聞く方が早いと言われ
行ってみると父はいました。

カーテンで仕切られた病室の端に、痩せたけれど
相変わらず厳しい顔をした父がいました。
思ったよりも元気そうで安心した反面、私を見た途端
さらに厳しくなった顔をみて、大きな後悔に襲われました。

会話は全て今までどおり。
母のことと、二度と来るなという事ばかり。
仕方なく帰ることにしました。
帰る途中で弟からコールの嵐があり、落ち着いてから電話をすると
「父から泣きながら電話があった。」
「もう二度とくるな」
と言われてしまい、口では「そんなの私の勝手だ」と言ったものの
私は何も言ってないにしても、これ以上顔を出すと父の病状に悪影響を及ぼすかもしれない
と思い直し、それから行くことをやめました。


父に会いに行ってから1ヶ月とちょっとたったある日。
伯父から母へ電話がありました。
「3人で話したい」と。

そして話し合い当日、自宅で私の夫を含めた4人で会いました。
内容は父の病状と裁判の取り下げ、もしくは中断をしてくれというものでした。
父は私の知らない間に4回の手術をしていました。
もう切りすぎて、これ以上切る所が無いほどの酷い有様らしいです。
それでも5回目の手術をする予定だそうでした。
命の導火線はあと少しで終わるかもしれない。
もう少し猶予を与えられたとしても、まともな生活はできないようです。

裁判の取り下げ云々は、私が決めることではないので
母に任せましたが、結局母は取り下げることにしたようです。

そしてまた1週間ほどしたある日、母から私に電話があり
「来週の土曜日に弟と話をする」と言われました。
また何かややこしい事になりそうで不安な一週間を過ごしましたが
それは私の思い過ごしですみました。

伯父がいたからか、弟はいつもとは違い落ち着いていて
色々言ったけれど母のことは心配だったという事と、
これからは少しずつだけど電話をしたり、会ったりできるようにしたいと。
弟が母に会うことを父に伝えた時、父は会う必要は無いと怒っていたようで
その様子を伯父が母に「相変わらず頭が固い」と笑って話したそうです。


そんな話を母から聞きましたが、私はやりきれない気持ちでした。
母を失ったような気持ちとかではなく、独り取り残されたというか・・・。
だって最後に弟と話した5月のあの電話、私は弟にめちゃくちゃに言われたんです。
父の面倒をそんなに看たいのであれば金を持って来いだとか、
これ以上父にストレスを与えないでくれとか言われてたんです。
そんな弟が母には優しく、そして和解らしきものを求めてきたんです。

私はなんだか馬鹿をみた気になりました。

両親の為と思い、本意ではないことに頭を突っ込み、
途中からは父や弟、そして親戚中と対立するような形になり、
父が心配でも状態をしれず、相談できない夫に気を遣い、
わがままな母にイライラし、そんな自分にもイライラし、
自己嫌悪に陥ったこの10ヶ月。

結局父は病気になり、余命いくばくも無いような状態で裁判も取り下げ、
対立していた弟と母は和解の形を持ち、ストレスのたまった夫には地元に帰りたいと言われ。
私って一体なんなのか。
これが孤立って、孤独ってヤツです。


誰も憎くありません。
憎いとすれば自分の心の弱さと、醜さです。
素直に喜んであげられないし、そうだね帰ろうかとも言えない。
父や夫が心配でも何をすればいいのか、してよいのかもわからない。
書けば書くほど凹んでいく自分がいます。

もう誰かに聞いて欲しくて仕方ないけど、何を話せばいいのかもわからない。
とても凹んでいるけれど、普段はそんなに凹んでもいない。
人は多面生物ですが、それ以上に落差の激しい自分がいます。
自分のことばかりではなく、もっと周りを見なければいけないのでしょうが
そんな余裕もなく、だらだらと文章を流し続けて生きています。

器用な人間ではないので、仕事に、私生活に、
この問題とそれによって夫が受けたストレスの対処。
抱えきれません。
でも仕事を辞めてしまうと、家に閉じこもってしまいそうでそれも出来ない。
まぁこんな感じでしばらく過ごしていくんだろうと思います。


タイトルとは関係ない事ばかりになりましたが、
今はこんなところです。







( 2008.07.16 ) ( 家族のこと ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

No subject

家族間の悩みって、大変ですよね。
取り残された感じが、それがとても伝わってきました。

私にも頑固な親父がいますが、
お互い遠くに住んでいるので普段は気にしないのに、
たまに会えば喧嘩になることが多いかな。

家族はきるにきれない仲なので宿命として
やっていくしかないんですかねー。
悩みすぎて、体調には気をつけてくださいね。

( by : no name * URL ) ( 08/02 - 02:51 ) ( 編集 )

ありがとうございます

私もまさかここまでこじれるとは思ってもいなくて・・・。
浅はかだったと思います。
父や弟との関係も悪くなってしまい、交流もなくなりました。
しかしその反面、母を暴力より守れたのは良かったです。

no name様もお父様とよく喧嘩をされるようですが
お話できる事は嬉しい事だなと思います。

no name様のようなお優しいコメントをいただけて
なんだかホッとした気がします。
ありがとうございます。

( by : maki * URL ) ( 08/03 - 15:16 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。