スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
子宮内膜増殖症
せ!?生理が2回きた!!
しかも一週間たってから急に量が増えた・・・。
これってなんだ?!
若いなら生理の周期が定まらずに早くなったり遅れたりって事も
度々あるけれど、歳も歳なんで怖くなり病院へ。

そこで問診・内診して言われたのが
「子宮内膜増殖症」
とあるサイトによると、

----------------------

子宮内膜とは、簡単に言うと赤ちゃんのベッドの様な働きをし、ホルモンの働きによって排卵が起こる前まで増殖していきます。それにより子宮内膜は肥厚し、通常は月経が起こる事で内膜が剥がれているのです。

何らかの異常によって内膜の掃除が正常に行われず、子宮内膜が非常に厚くなってしまうと言う症状が子宮内膜増殖症なのです。

似た名称での「子宮内膜症」とは異なる病気となっています。

加齢に伴って発生率は高くなり、子宮ガンの原因になりえる危険性も持ちます。


----------------------

って、ことらしい。
そして、


----------------------

子宮内膜増殖症は現在3つのタイプに分類されています。
  1)単純性子宮内膜増殖症
  2)混合性子宮内膜増殖症
  3)異型子宮内膜増殖症

子宮内膜増殖症は長い間に「ガン」になることがあるのです。2種類の子宮内膜増殖症
では大きく違います。

1.異型の「ない」子宮内膜増殖症では、平均10年で約3%が「子宮体ガン」になる
2.異型の「ある」子宮内膜増殖症では、平均4年で約30%が「子宮体ガン」になる

といわれていますから、「異型のある子宮内膜増殖症」は「前ガン病変」とも呼ばれていて、
とくに警戒が必要です。

----------------------

とのことです。

「前ガン病変」と言うのは、子宮ガンの0期って事らしい。
あまりにもあまりな事なので、ちょっとショックを受けましたが
更にショックなのは、不妊の原因になったり、
肝機能障害を引き起こす事もあるらしいということ。

なのでちゃんと検査する為に、一度黄体ホルモン剤(ピル)を服用して
内膜を流れやすくし、内診することに。
ピルってのは簡単に言うと「妊娠しているのと同じような状態」だと脳に勘違いさせるお薬。
それが人によっては、つわりの様に気持ち悪くなったりするんです。
おかげで今日なんてうどんすらまともに食べられず、午後は吐き気と戦いつつ仕事をし、
たまに隠れて座り込んだりして。。。ほんとーに悲惨でした。

夜ご飯はまた気持ち悪くなるかもと怖くなって、あんまり食べられなかったし。
これも10日間のガマン。
来週には病院に経過確認しにいって、内診を受けるかどうかを判断してもらう。
その内診がまた凄く痛い!らしいんです。
先生の脅し方が酷くって、逃げ出したい気持ちになってしまった。

とは言いながらも、心配ない可能性も十分あるので
過度の心配はストレスの原因だし、気にせずにいこーって思うんだけど、
やっぱ私も人の子。怖いもんは怖い!

最近体調悪かったり、ニキビの異常発生はどうやらこれが原因のようです。


なんか体調がおかしいと思ったら、大げさと思われてもいいから
すぐに病院に行けってことです。
大事になる前に発見できれば一時の恥なんて気にならない。

私は絶対3人子どもほしーので、もしあまり良くなくっても治療がむばるゾ!






( 2007.11.29 ) ( 子宮内膜増殖症 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。